• crabapple(クラブアップル)

2020-5-13 ヒペリカムの花

 ヒペリカムは、キンシバイやビョーヤナギ、セントジョーンズワートなどと同じオトギリソウ科の植物です。昨年、岐阜の伊藤先生のお宅で、ひと枝いただいてきたものを挿し木にしました。ずいぶん大きくなって、しっかりしている様子なので嬉しく思っていたら、花が咲きました。喜び倍増です。

 stay homeの日々は、身近であるがゆえにうっかり見逃していることに気づかせてくれる時間にもなっているようです。ヒペリカムはしっかりついてねと願いながら育ててきた経緯もあって見逃すわけもありませんが、実はエゴノキの花について、モヤッとした思いがあります。いっぱい花がついて今とてもきれいなのです。毎年たくさんつける花が、昨年は咲きませんでした。でも本当に咲かなかったのか?うっかり見逃していたのか?他のことに囚われて見ていなかったのか?今は、私の咲かなかったと言う記憶が単なる思い込みだったのかもしれないと思っています。

 日常生活の中で見えているものあるいは見ているものには限界があります。ましてや忙しさの中では殊更でしょう。stay homeの日々は、そんなことを改めて感じさせてくれました。










閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示
ワイルドパス